読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン✖️ドッグトレーナーの日記

■PLAYBOW Dog Trainers Academy 公認ドッグトレーナー ■ペットシッター士 ■家庭犬ドッグトレーナー1級 普段は犬とは全く関係のない仕事をしつつ、愛犬との生活を楽しんでいます。犬に関することやしつけ相談など大歓迎です!もちろん無料です(^-^)笑

”too many dogs”

WBC盛り上がってますね⚾︎

スポーツは全般好きですが、根っからの野球好きなので楽しんでます。

いつも思いますが、こういう大舞台で活躍する監督選手のメンタルの強さはすごいですね!
心技体揃った選手たちのプレーは野球ファンならずとも惹き寄せられると思いますので、是非見てみてください。



”too many dogs”

ドッグトレーニングの屋号に決めました(ᵔᴥᵔ)

「大きな犬 小さな犬」
「おとなしい犬 そうじゃない犬」
「人懐っこい犬 そうじゃない犬」
「賢い犬 そうじゃない犬」

色々な性格の犬がいて当たり前。

”互いに共存し、互いを受け入れること”

あれこれ出来なくっても、人と犬が心を通わせる事で、きっと犬との生活は豊かになる。

大切なのはいわゆる”問題”にスポットを当てるのではなくて、”個性をどう受け止めるか”だと思うのです。

”too many”
本来は少しネガティブに使われる言葉。

「大きな犬 小さな犬」
「おとなしい犬 そうじゃない犬」
「人懐っこい犬 そうじゃない犬」
「賢い犬 そうじゃない犬」

ネガティブもポジティブも受け入れて、幸せな犬が増える事。
それは悲しい結末を迎える犬を一頭でも減らすための第一歩。

too many

”不要な犬や命なんてない”ってこと。

too many

幸せな犬と人で溢れる街に。

too many

それはそれが実現しないと使えない言葉。

犬にとってはポジティブな言葉でもいいんじゃない(ᵔᴥᵔ)

P・マッカートニーの楽曲も少し参考にU^ェ^U

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

インスタグラムはこちらから