読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン✖️ドッグトレーナーの日記

■PLAYBOW Dog Trainers Academy 公認ドッグトレーナー ■ペットシッター士 ■家庭犬ドッグトレーナー1級 普段は犬とは全く関係のない仕事をしつつ、愛犬との生活を楽しんでいます。犬に関することやしつけ相談など大歓迎です!もちろん無料です(^-^)笑

あの日はたくさんの人や犬達も

こんばんは。
今日は職場で14時46分に黙祷がありました。百貨店の中なのですが、音楽も全てストップし、従業員もお客様も。

あれからもう6年にもなるのですね。
ここでは犬をテーマに書いているので、あえて犬のことを書きますね。

もちろん多くの命が失われ、また家族と離れ離れになった子達もたくさんいたでしょう。安否が未だにわからない飼い主さんもいるでしょう。

ほんとに心が張り裂けるような思いをされたでしょう。。

なんとか無事に一命をとりとめても、飼うことができなくなって手放してしまった人もいるでしょう。

『見捨てるなんて可哀想』
『人間のエゴ』

そう思う人も多いかも知れません。

でもよく考えると、私たちが今いる世界は食事の心配もなく、安心して寝られる家もあれば家族もいる。

その上で犬との生活がある。

自分の命や家族の命が危険に晒され、明日の生活も見えない中でも同じようにそう思うのだろうか。

もちろん答えなんて出ません。
私も犬を人間と同じ家族と思っています。
その思いは誰にも負けないと思ってもいます。

でもそれ程の出来事が6年前に起こったんですよね。
犬への愛情だけでは他人は語れないそんな出来事が起こった訳です。

冷たく感じる方もいるかも知れませんね。

本当に犬を家族と思っているの?

でもどうしたってその答えはでません。
経験をしていない私には出せません。

でも愛犬を守る準備はしたいし、微力でもそんな思いをする犬や飼い主さんが少なくなってくれることを願うばかりです。

トレーニングももちろんその一部です。

避難所で皆が苛立つ中で、クレートの中でずっと吠えていたら?

慣れない場所だと体調を崩してしまう犬だったら?

万が一の時、呼び戻しができなかったら?

”犬にもトレーニングを通じて防災を”

そんな事を今日の終わりに思いました(ᵔᴥᵔ)

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村