読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン✖️ドッグトレーナーの日記

■PLAYBOW Dog Trainers Academy 公認ドッグトレーナー ■ペットシッター士 ■家庭犬ドッグトレーナー1級 普段は犬とは全く関係のない仕事をしつつ、愛犬との生活を楽しんでいます。犬に関することやしつけ相談など大歓迎です!もちろん無料です(^-^)笑

犬らしさ

「お散歩の時、飼い主さんの横について歩いているは犬は賢い」

 

なんて事を小さい頃にどこからか聞いたことがあります。みなさんもそんなイメージないですか?U^ェ^U

 

でも犬ですから目の前に広い空間が広がっているのに行きたがるのは当たり前♩

引っ張る理由を聞かれたら私なら「犬だから」と答えます(笑)

 

個人的にはいつも横にくっついて歩く必要なんてありません。犬ですからね。

 

ただお散歩の中でも所々では、コントロールが出来た方がいいシーンもあります。

見通しの悪い曲がり角を曲がる時や、車が横を通る時。

また大型犬の場合は飼い主さんが抑えきれないなどがあると大変です。。

 

引っ張りをある程度コントロールするには、まずは犬に『引っ張っていること』をわかってもらう必要があります。

当然引っ張っている犬はただ前に向かって走っているだけなので自覚はありません(笑)

 

犬の行動パターンは割と単純なんです。

簡単に言うと行動や出来事の後に、良いことが起こればその行動は増加します。

逆に悪い結果が起これば減少します。

 

このケースで言うと…

行動→引っ張る

良いこと→前に行けることです。

悪いこと→前に行けないことです。

 

犬から見ると引っ張った結果、前に行けたら、その行動はどんどん増加(悪化)します。

 

逆に引っ張ったら前に行けず、引っ張らずに歩けたら前に進めらということを経験すると、引っ張る行動は減ります。(良化)

 

コツコツ続ければ『引っ張り』は割と簡単に

減ってきますよ。

 

でも犬らしさは大事★

安全な場所ではグイグイ引っ張りでいいと思うなぁU^ェ^U

 

f:id:dog_hokulani:20170205142909j:image