読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン✖️ドッグトレーナーの日記

■PLAYBOW Dog Trainers Academy 公認ドッグトレーナー ■ペットシッター士 ■家庭犬ドッグトレーナー1級 普段は犬とは全く関係のない仕事をしつつ、愛犬との生活を楽しんでいます。犬に関することやしつけ相談など大歓迎です!もちろん無料です(^-^)笑

犬種による性格?

昨日の寒さから一転また春らしい1日でした☀

さて、皆さんは犬種について色々調べたりしますか?
犬種のルーツや性格などそれぞれで面白いです(ᵔᴥᵔ)

欧米の犬種ではほとんどの場合が、作業犬ですからもともとの改良目的などを知ると、日々の犬の動きにも垣間見ることがあります。

例えば先日一緒にトレーニングをしたボーダーコリー。

ドッグダンスやドックショーなどで良く見る犬種で非常に知的な犬種ですよねU^ェ^U

面白い特徴としては、もともとが牧羊犬で羊を追いかけたり誘導したりする犬種ですから、今でもその名残で動いているものに対する興味・関心が高いです。

私が以前会ったボーダーコリーでも、窓の外を走る自動車を追いかけて家の中が大変なことになるといった飼い主さんに会ったことがあります。

日本犬は土佐犬以外は、改良目的はなく番犬文化の中で育ってきていますので、そう言った特徴は少ないのかも知れないですね(ᵔᴥᵔ)

ご質問・ご相談はお気軽にこちらまでお待ちしておりますU^ェ^U
de.hokulani@gmail.com

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

横浜公園〜みなとみらい周辺

雨ですね〜☔️
また冬に逆戻りしたような寒さです。
今朝は散歩にも行けず、仕事なので出かけることもできなかったので、室内で引っ張り合いっこやボール遊びで相手をしました(ᵔᴥᵔ)

さて、先日晴れた日にほくを連れて横浜みなとみらい周辺に遊びに行きました。

開幕目前の横浜スタジアム

横浜スタジアム周辺もワンコ連れや親子連れで賑わっていました🌟

中華街でのランチ。
水餃子がおいしいお店『山東 サントン』オススメですよ。

その後はみなとみらい地区へ。

[

マリンウォーク横浜⚓️
店内以外は犬も一緒に歩けます。

はじめての場所なので、ほくも興奮気味。
普段の指示もなかなか入りません。。

改めてまだまだ一緒に取り組むことはあるなーと思いましたU^ェ^U


まだまだ寒かったですが、やっぱり横浜の街並みは好きだなぁ。


ご質問・ご相談はお気軽にこちらまでお待ちしておりますU^ェ^U
de.hokulani@gmail.com

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

愛犬とのコミュニケーション

WBCは惜しくも準決勝で敗退…

野投手凄かったですね!
野球をあまり知らない方のために、原辰徳さんの甥っ子で、今はジャイアンツのエースピッチャーです。

私はベイスターズファンなので、普段は敵チームの手強い投手です。

あのプレッシャーの中、普段となんら変わらないプレー(ᵔᴥᵔ)いやそれ以上だったかも知れません。

試合後『あんなに緊張したのは初めてだった』と。
緊張を力に変えれるまさにプロですね!

今年もベイスターズ戦以外での活躍を願ってます(笑)

さて、愛犬ほくとはいつも一緒に何か目標を決めて取り組むようにしています(ᵔᴥᵔ)

『シット』だったり、横について歩く『ヒールウォーク』だったり、『お手』だったり。

内容はなんでもいいんです。出来たから何って訳でもないんです。

大事なのは、取り組んでるときはお互いに気持ちを通わせコミュケーションを取っているといことU^ェ^U

私はどうしたらほくに伝わるかを一生懸命に考え、ほくは私が何を求めてるのか、褒めてもらうには何が正解かを考えます。
できるできないではなく、このコミュニケーションがとっても大切。

おやつよりも、公園よりも、他のワンちゃんよりも飼い主さんと遊ぶのが1番と愛犬が思ってくれたら、どんな状況でも呼び戻しもできるようになるはずです。

取り組んでいる内容はそのためのひとつのツールにすぎません。

さて、話は戻って今取り組んでいるのは→『横について歩いている途中で、ダウンの声符だけでその場でダウンし待つこと』

これが結構難しいです…。
まずは犬を左側に座らせ、人が足踏みをしながらダウンの指示を出すところからスタートです(ᵔᴥᵔ)
そこから本当にすこしずつ、人が前に歩き出したらダウンの指示を出します。

やがては、歩いている途中にいつ指示をされてもその場でダウンができるように練習して行きます。

まだまだ今は最初のステップですが、少しずつ頑張ろうと思います。
ちなみに犬の集中力はとても短いので、一日に練習するのは朝晩のお散歩の中で15分程度です(笑)

今日の練習の様子(ᵔᴥᵔ)

ご質問・ご相談はお気軽にこちらまでお待ちしておりますU^ェ^U
de.hokulani@gmail.com

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

雨の日も発散は必要

今日久々に一日中雨が降り続いていました。
仕事だった三連休はあんなに晴れていて、やっと休みなのにこの天気です(笑)

今日は散歩にも行けないくらいの雨量だったので、近所の室内ドッグランへ(ᵔᴥᵔ)

同じように散歩に行けないワンちゃん達で賑わっていました。
ここの室内ドッグランには『雨の日割引』ならぬ『晴れの日割引』があるそうです。

確かに晴れている日の方が暇だからですねU^ェ^U


犬にとって散歩などでの発散は非常に重要です。

『散歩はどのくらい行っていますか?』

ドッグトレーニングにおいて、まず最初に飼い主さんに聞く質問といってもいいくらいなんです。

犬もストレスがたまると人間と同じで、イライラした行動を取ります。
人間は気分転換にDVDを見たり、読書をしたりできますが犬はそうはいきません。

何か問題行動等で悩んでいる方は、まず発散が十分かを確認して見てくださいね。

散歩以外にも室内で引っ張りっこ、匂い嗅ぎゲームなど色々ありますよ〜(ᵔᴥᵔ)

ご質問・ご相談はお気軽にこちらまでお待ちしておりますU^ェ^U
de.hokulani@gmail.com

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

北風か太陽か

世の中は三連休真っ只中(ᵔᴥᵔ)
天気にも恵まれてお休みの方は最高でしょうね。

残念ながら私は仕事組です。
よく晴れた日に家を出ると、愛犬と遊びに行きたくなります。

私の仕事場はとある百貨店の中にあるお店で、一応店長と呼ばれながら15人ほどのメンバーがいます。
一回り以上年下のスタッフから年上のスタッフまで様々です。

性格も様々。
人間ですから合う合わないものあります。
大切なのは、皆のベクトルを合わせる作業。

ひとりひとり違ったアプローチが必要です。時間もかかります。

『北風と太陽』ってご存知でしょうか?
イソップ寓話のひとつです。

簡単にいうと、北風と太陽は旅人の上着を脱がそうと対決します。

北風は上着を吹き飛ばそうとビュービューと風を浴びせますが、旅人は逆に上着を固く締め付けてしまいます。

一方太陽は時間をかけて、旅人を暖かく照らします。すると旅人は自ら上着を脱ぎます。

荒々しく物事を進めるか、ゆっくりでも着実に物事を進めるかの対比でよく使われるお話です。

我々が小さい頃や若い頃は、北風派が良しとされていた気がしますが、今の世代は確実に太陽じゃないとダメな世代ですね(ᵔᴥᵔ)
こいういう事を言いだすと、歳を感じますが…(笑)

犬のトレーニングの世界にも少なからず、同じことが起こっているように思います。

最近では”訓練”という言葉をあまり聞かなくなりました。

陰性強化と言われる、ある行動の後に嫌なことがあるとその行動が減るという考えのトレーニングよりも、良いことがあるとその行動が増えるという陽性強化が主流になっています。

簡単にいうと褒めて伸ばすトレーニングです。

もちろん必要な罰はあります。
しかし、昨日もテレビでやっていたチョークチェーンを使ったトレーニングなどは個人的には時代遅れに感じてしまいます。

確かに正解はありません。
実際に陰性強化の方が成果は早く出るでしょう。
ただ、犬が痛みや不快を嫌っているのは明白です。

もっというと、陰性強化ならプロのドッグトレーナーじゃなくてもできますよね。
犬は怖がっているだけで、そこに感情のつながりは無いのですから。

時間がかかっても着実にアプローチする。
少なくとも自分はそんな太陽寄りのトレーナーを目指したいなぁ。

帰りの電車でふと思いましたU^ェ^U

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

人の手が怖い子

今日は春らしい1日でしたね(ᵔᴥᵔ)

しかし花粉症の方には少し辛い一日だったでしょうか…。

今日は1歳のミックス犬と一緒に学びました。

ほくとも仲良くしてくれて、おとなしくてとっても良い子。

少し苦手なのはワンちゃんよりも人間。
それでも吠えたり、威嚇したりはしません。

名前を呼ぶと近くまでは来てくれるけど、少し手を伸ばしたり、近づいたりするとちょっと怖がるような素振りを見せて離れようとします。

ただ人には興味があるようで、私がほくと遊んでいるとちょこちょこ近寄って来ます。それがすごく可愛い(ᵔᴥᵔ)

犬にも人間と同じようにパーソナルスペースみたいなのがあって、その犬のスペースに入ると怖がったり、中には吠えたり噛んだりしてしまう場合がありますよね。

今日試してみたのは、
そこで『手と鼻のタッチで良いこと』作戦。

犬にこちらから近づいたり、呼んだりはせずに犬が少しでも興味を示して近づいて来た時に、手の甲を犬の顔の近くに出します。
(怖がりが大きい子は離した位置から少しずつ)

手の甲に鼻を当てることが出来たり、当てるのは無理でもほんの少しでも鼻をクンクンさせるなど興味をもったら、おやつをコロンと落とします。

それでまた何事もなかったように、近づいて来るのを待ちます。

また近付いてきたら、手の甲をさりげなく出します。

鼻を手の甲にタッチ→おやつコロン

これを繰り返す事で、犬は手の甲
に鼻をつけたら良い事があると学びます。
同時に人の手に良いイメージを持つようになります。

「ハンドターゲット」と言われたりするトレーニングですが、人を怖がる子にも良いですし、覚えれば犬の進行を誘導することもできるようになるので便利ですよU^ェ^U

是非試してみてください(ᵔᴥᵔ)
今日はミックス犬のM君ありがとう〜!
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

”too many dogs”

WBC盛り上がってますね⚾︎

スポーツは全般好きですが、根っからの野球好きなので楽しんでます。

いつも思いますが、こういう大舞台で活躍する監督選手のメンタルの強さはすごいですね!
心技体揃った選手たちのプレーは野球ファンならずとも惹き寄せられると思いますので、是非見てみてください。



”too many dogs”

ドッグトレーニングの屋号に決めました(ᵔᴥᵔ)

「大きな犬 小さな犬」
「おとなしい犬 そうじゃない犬」
「人懐っこい犬 そうじゃない犬」
「賢い犬 そうじゃない犬」

色々な性格の犬がいて当たり前。

”互いに共存し、互いを受け入れること”

あれこれ出来なくっても、人と犬が心を通わせる事で、きっと犬との生活は豊かになる。

大切なのはいわゆる”問題”にスポットを当てるのではなくて、”個性をどう受け止めるか”だと思うのです。

”too many”
本来は少しネガティブに使われる言葉。

「大きな犬 小さな犬」
「おとなしい犬 そうじゃない犬」
「人懐っこい犬 そうじゃない犬」
「賢い犬 そうじゃない犬」

ネガティブもポジティブも受け入れて、幸せな犬が増える事。
それは悲しい結末を迎える犬を一頭でも減らすための第一歩。

too many

”不要な犬や命なんてない”ってこと。

too many

幸せな犬と人で溢れる街に。

too many

それはそれが実現しないと使えない言葉。

犬にとってはポジティブな言葉でもいいんじゃない(ᵔᴥᵔ)

P・マッカートニーの楽曲も少し参考にU^ェ^U

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

インスタグラムはこちらから